関東サービスは、フォークリフトを中心としたアウトソーシング・人材派遣・人材紹介を通して、お客様のビジョン実現を支援する総合人材サービスです。

私たちの教育

  • HOME »
  • 私たちの教育

title_education

main_catch2

 

雇用体系に捉われない社内マスター制度
スタッフは自分の働き方にあった雇用形態を選択できます。雇用形態と技能を切り離して考え、例えば、パート勤務のスタッフにもマネジメントの権限を与えるなど、それぞれが自分の希望する働き方で、存分に能力を向上させる仕組みが存在します。
マスター制度

 

社内マスター制度の評価基準
社内マスター制度の評価の最も中心にあるのは、私たちの創業以来に受け継がれてきた「人財力の定義」にあります。「人財力の定義」に則り、各職務別に指標が設定されており、スタッフはその指標をひとつずつ次の目標として職務に臨みます。

midashi_02_teigi

shihyo

 

入社からの教育研究の仕組み
入社後の導入研修から日々のマスター制度への取り組み、社内勉強会やマネジメント研修など、スタッフひとり一人が自らの目標に向かって、能力を高められる仕組みが構築されています。

midashi_03_shikumi

【導入研修】
入社後に必須で受講する研修です。「人財力」の考え方から、仕事に臨むチームにおいて何を学んでいくべきか、を中心に学びます。マスター制度を利用して、自らを高めていくベースをここで身に付けます。

【技能別勉強会】
各職務において、専門的な技術を学ぶ勉強会です。毎回テーマの設定が変わります。現場だけではなく、先輩スタッフを中心に技術が継承されていく場として機能しています。入社間もないスタッフからのリクエストでテーマが設定されることもあります。

【課題対応力勉強会】
現場における「課題発見」と「課題への対応」を過去事例をもとに、共有する勉強会です。事例を学ぶことで、現場での注意力と課題発見のセンスが磨かれます。事例発表を行うスタッフにとっては、ひとつのステータスとして誇りに思う場でもあります。

【マネジメント研修】
雇用形態に捉われず、チームをマネジメントする能力を学びます。アルバイト・パート勤務のスタッフが社員をマネジメントするシーンも増えており、研修において、マネジメント・スタッフが自信を持ってマネジメントに臨めるよう配慮した研修になっています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-441-248 (代) 03-3839-1200

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 関東サービス株式会社 All Rights Reserved.